お酒を飲んだ時に役立つサプリメントがあります。

お酒を飲むのが好きな人は多いですが、飲み過ぎは体によくありません。

どんなサプリメントを摂取すれば、お酒によって健康を害することをストップさせられるのでしょうか。

お酒を飲む量で健康な人が1日に飲んでもさほど問題のない量というのは、ビール1本、日本酒1合、ワインはグラスに2杯ぐらいだといわれています。

高血圧や認知症を予防するのに、少しぐらい飲酒をしたほうが良いといいます。

高血圧や認知症の危険性が高まるのはお酒を飲む量が多すぎる場合です。

体の中に摂取されたアルコールは、体外にでる前に肝臓で分解されます。

悪酔いや二日酔いは、肝臓がアルコールの分解をしきれなくなり、体に有害な物質がまわる状態です。

日頃からサプリメントで肝臓の健康に役立つとされるハーブを摂取することで、悪酔いや二日酔いの対策が可能となります。

とくに肝臓の機能をアップさせるハーブのサプリメントとして人気なのが、ウコンやマリアアザミだといいます。

昔からマリアアザミは、ヨーロッパの地方で肝臓に有効なメディカルハーブとして活用されてきたものです。

肝臓の機能を治癒するのに有効なシマリンという成分が、マリアアザミの種子には含まれているといいます。

お酒を飲む量が多く、常日頃から肝臓に負荷をかけがちな人におすすめなのが、肝臓のために良いといわれているマリアアザミなどの成分が含まれているサプリメントです。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »