お酒を摂取すると肝臓に負担がかかるものですがサプリメントで緩和することができます。

肝臓の機能を高め肝臓の炎症を抑える成分として知られているものが、ウコンです。

ウコンのサプリメントは、お酒を飲んだときに肝臓でアルコールが分解されるのに負荷がかかるのでそのために活用する人が多いようです。

中国からインドにかけて多くの場所で作られているウコンは、大昔から活用されてきた健康食品でショウガ科の植物だそうです。

たくわんの色をつけたり、料理の香辛料にも使用されているようです。

毎日必ずウコンのサプリメントを摂らなくても、お酒を飲む前と後に飲んでも、お酒の二日酔いを避けるためであれば十分だといえるでしょう。

錠剤や粉末型のウコンサプリメントを使う場合、お酒を摂取する1時間前を目安に飲むといいでしょう。

錠剤はコストパフォーマンスがよく、粉末型はいろんな摂取方法ができるという利点があります。

即効性があるかどうかという面でいえば、カプセル型やドリンク型のほうが優れています。

お酒を飲む10~15分前に飲むと良いのが、カプセル型やドリンク型のウコンサプリメントです。

すぐに効果があり吸収率も良いドリンク型のサプリメントですが、デメリットはすこし値段が高いということです。

注意しなければならないのは、お酒を飲んだあとにまたウコンのサプメントを飲む場合に過剰摂取してしまい、肝臓に悪影響があることです。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »