カラコンの購入には直接的にあまり気にしなくても大丈夫なのですが、
一般のハードコンタクトレンズをご購入の際に
少し気をつけてほしい『ベースカーブ』について書いていきます。

BCとはベースカーブの事で、『コンタクトBC』とは湾曲度合いを数値化したものを言います。
目は球体になっているので、レンズを付けた時、
目にフィットするように、目の湾曲度合いに合わせてコンタクトレンズも湾曲させた形に作られています。
つまり、目の丸さに合わせてコンタクトレンスがその丸さにピッタリ合うような形の事ですね。

どんなコンタクトにもこのベースカーブがあり、
そのベースカーブの度合いによって、
目になじむ
付け心地が良い
裸眼のような感覚

が生まれてくるのです。

逆に、ベースカーブが目に対して大き過ぎると
装着感が悪くなり目にも良くなく、
角膜を傷つけたり、白内障や網膜剥離の原因にもなります。


ハードコンタクトレンズの場合は、ベースカーブによって装着感にかなりの違いが生じます。

一方、ソフトコンタクトレンズの場合は、柔らかいので目の表面に沿って徐々に変形していくのであなたの目にだいたい合ったベースカーブならそんなに問題はありません。


基本的にコンタクトレンズを通販でご購入の際は
・BC(ベースカーブ)
・DIA(直径)
・PER(度数)
という3つのデータが必要です。

乱視の方はさらに
・CYL(乱視度数)
・AX(軸度)
というデータも必要になります。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »